アマチュア無線とは?

アマチュア(無線)局とは、利益のために行うのではなく、個人の興味(趣味)で行う無線と電波法施行規則第4条24項に定義されています。(電波法施行規則はこちら

他の無線局と異なり、様々な周波数で運用する事が認められているアマチュア局ですが、周波数によって電波の伝わり方は異なります。そのため、周波数によっては国内近距離だけでなく、自分の住んでいる都道府県を超えて遠方(海外)のアマチュア無線家と交信することも可能です。
マイクを持って相手と交信するだけでなく、パソコンやスマホを使った通信、アマチュア衛星を使った通信、アマチュア無線の電波を使ったARDF競技など、様々な楽しみ方があります。

アマチュア無線では免許が必要ですが、簡単に取得することができますし、無線機やアンテナなど、初期投資は高いですが、維持費はスマホよりもうんと安価になります。
アマチュア無線を楽しむために必要な2つの免許については、「免許の取得」ページをご覧ください。